新発田病院の建築概要

県北地域の基幹病院として計画された新潟県立新発田病院に、ガスコ-ジェネレーションシステムが採用されました。(平成18年)

「ガスコ-ジェネレーションシステム」とは、発電と発電時に発生する排熱の2つ以上のエネルギーを利用する省エネルギーシステムです。また、一次エネルギーに都市ガスを採用することで排気もクリーンでCO2削減に効果が得られます。

新発田病院は、災害拠点病院としていかなる場合も機能が求められる施設です。また大規模病院は、エネルギー多消費施設であり、省エネルギー管理が不可欠です。このような必要性からコ-ジェネレーション発電機を常用・非常用兼用とし、600kWの発電機2台で平日電力の約半分を発電し、排熱は冷暖房・給湯に利用されています。

建築概要
敷地面積 5.7ha(医療福祉公園1.3ha含む)
延床面積 約50,000m2
新発田病院 約39,800m2
リウマチセンター 約7,300m2
付属看護専門学校 約2,700m2

新病院は、地上11階建て、塔屋1階、救命救急センターを備えた総合病院です。

病院概要<図>
page_gascogeneration.php